HOME > 書家渓雪の日誌 > 10ページ目

書家渓雪の日誌 10ページ目

学びのカフェ 一周年記念無料セミナー無事終了

福岡・天神で書家渓雪のギャラリーにて
書道教室を開いているアトリエ遊我です


今日は 学びのカフェ一周年記念無料セミナーの日でした

おかげさまで早くから満席状態!(ありがとうございます)


皆さん 遅刻もなく早々と揃われたので 予定より10分前から始めました





自己紹介のご挨拶から始まりました


まず いつも書かれているように自分の名前を書いていただきます





その後 美文字の講義が始まりです


美しい文字には 法則があります

渓雪が考える「5つの法則」です

1  平行 中心 間隔 角度

2  偏と旁の関係

3  「口」「目」「日」「田」「国構え」について

4  「シンニョウ」の書き方

5  大人のひらがな






皆さん 目が真剣!キラキラしてますdiamond


法則を学んだあと 再度自分の名前を書いてもらいます



前に集まり お一人お一人の公開添削です





学んだ前後の字の違いを指摘

皆さん ちょっと学んだだけで 随分違いますね~



席に戻って 指摘された注意点を踏まえて再度実技です





いつもより30分短かったため あっという間の時間で 実技の時間が足りなかったのでは・・・・sweat01
とちょっと心配


tお


最後に書いていただいたアンケート結果です

よかった~happy01

ちょっと安心しましたsign03




今回の一周年記念セミナーに参加いただいた皆様

60分間お疲れ様でした




ギャラリーで個人レッスンやグループレッスン(ワンレッスン~最大4人)をしていますが



*どんな教え方されるのかな~

*渓雪先生って どんな人かな~



そう思われる方 まずは 学びのカフェでお試しされてください



[次回 学びのカフェ]


2月7日(火) 19:00~
  
             
         
          2,000円 (講座料金 1,000円  お手本料金 1,000円)

  










「龍」の作品がお嫁入り

福岡・天神で書家渓雪のギャラリーにて
書道教室を開いているアトリエ遊我です


今 アトリエ遊我のギャラリーにある作品で一番大きい「龍」

どんな方が手元に置いてくださるのかなあと思っていたら

株式会社 クロスコーポレーション代表 今村勝様にお嫁入が決定しましたsign03





辰年生まれではないのですが 龍の絵とこの字が好きですね~

この作品を見ながら お酒がおいしく飲めるなあ~



そんなお茶目な社長さんです

理由あって 一時ギャラリーでお預かりする予定です

この機会に「龍」の作品を是非ご覧ください



今月の展示作品

福岡・天神で書家渓雪のギャラリーにて
書道教室を開いているアトリエ遊我です



お正月ということで この時期にピッタリな作品を展示してます









「謹賀新年」




新しい年が キラキラと輝く年となるように願いを込めて 金と銀の色をベースに字を書いてます







「真如(シンニョ)」




言葉は沈黙に
光は闇の中にこそある



真如とは「真髄」「真理」という意味です

「実(じつ)」は無いところに有り 有るところには無い

正反対の中の真髄に本物があるのです





「般若心経(行書体)」










竜門画仙紙を使用

テンショタイで薄墨で「仏」 その上から濃墨で「神」という字を重ねて書いてます

この重なった二つの文字を囲むように般若心経を行書体で書いています

制作時間は約4時間です






「一瞬」




日が昇るアルプス山脈のふもとに広がる銀世界の冬の風景をイメージして書いています

「一」の中に一筆書きで穴をあけて書くことがとても苦戦しました

この穴は太陽を 「一」の下の線は山脈を表現 空白は雪景色のイメージです







興味をお持ちの方は是非ギャラリーにお越しください



やりたいことを実現するために!!

福岡・天神で書家渓雪のギャラリーにて
書道教室を開いているアトリエ遊我です



新しい年を迎え皆さん気持ち新たにお過ごしのことと思います

こんなときにお勧めしているのが「言霊セッション」です







あなたは今年何を頑張ろうと思ってますか?


今年のあなたのバイオリズムはどうなっているのかご存知でしょうか?


今年はどういう気持ちになりやすいのでしょうか?


やりたいことをするために今年のどのタイミングが一番うまくいきやすいのでしょうか?


やりたいことを実現するために今年は何が必要となってくるのでしょうか?


今年は特に何を注意した方がいいのでしょうか?




あなたが充実した一年を過ごすために
是非「言霊セッション」であなたに必要な「言葉」を
書にしたためてもらいませんか


言葉にすることで 確認して 心に刻み 
あなたの希望を実現していきましょう 














2017年1月スケジュール

あけましておめでとうございます


福岡・天神で書家渓雪のギャラリーにて

書道教室を開いているアトリエ遊我です

本年もよろしくお願いします。






<営業日>

1月11日(水)~1月31日(火)


<グループレッスン> 

1月11日(水) 19:00~
1月18日(水) 14:00~ 19:00~



<学びのカフェ 1周年記念 無料講座>

1月21日(土) 10:30~11:30  (満席)


上記の予定となってます





1周年記念無料セミナー

福岡・天神で書家渓雪のギャラリーにて
書道教室を開いているアトリエ遊我です


天神で行われている「学びのカフェ」の講師をさせて頂いてますが

来年1月で1周年を迎えようとしています


それを記念して 通常有料講座を すべて無料とさせていただくことになりましたsign03



この機会に 是非 ご体験くださいsign03





「美文字でステキ度UPupup 書家が教えるペン習字講座・基礎編」

  21017年1月21日(土) 10:30~

   無料

  
詳しくは

   http://www.fukuokawoman.jp/

ハートカウンセラーkokkoさんと

福岡・天神で書家渓雪のギャラリーにて
書道教室を開いているアトリエ遊我です


先日 博多区のある場所で関東からお見えになった
ハートカウンセラーKokkoさんを中心にお話し会がありました



彼女は 「親毒」という本を今年出され 全国各地を訪れて 
幸せな生き方をするためのヒントなどをテーマにお話しをされてます









そのお話し会のパネルデイスカッションのゲストとして
渓雪先生もお声がかかり参加させていただきました








お話し会では 笑顔の大切さをはじめとして
5人のパネラーのとても濃~い討論会となり大盛況


色々な表現方法はありますが真理は一つなのだと
感じる時間でもありました






その後 渓雪先生によるワンポイントアドバイス付きで
一筆書かせていただくという時間です



しかしながら 書く直前に無い!色紙が無い!

慌てました~bearing


どうにか近くのお店で埋め合わせができましたが 
いつもの色紙ではなかったのでちょっと書きにくそう

先生、皆さんにご迷惑をおかけしましたsweat01

ごめんなさ~いdowndown





ですが 書いていただいた方々は とっても喜んで頂けたようでほっとしてます


先生の流れるような筆運びに 皆さんほれぼれしてありましたheart04





ハートカウンセラーkokkoの幸せの探し方  ブログ
 
               http://ameblo.jp/fumi-kokko1103/









書家渓雪 ひらがな一分講座「も」

福岡・天神で書家渓雪のギャラリーにて
書道教室を開いているアトリエ遊我です



今日のひらがなは「も」です


「も」は漢字の「毛」からできています





丸く書きがちですが 大人のひらがな「も」は
シャープに書きましょう

イメージは線対称です



書家渓雪 ひらがな一分講座「め」

福岡・天神で書家渓雪のギャラリーにて
書道教室を開いているアトリエ遊我です


12月となれば どこも忘年会真っ盛りですね

アトリエ遊我も 女性起業家の会に入ってます

先日 その会の忘年会に参加してきました



渓雪先生はいつも外出の時は着物姿です

そこで カラオケ大会が始まり着物姿にもかかわらず
ロックの「限界ラバーズ」をうたって大盛り上がりでしたnotesnotesnotes


 



歌が大好きで いつもどこか目立っている先生ですeye

皆さん飲みすぎにはご注意くださいねbeer




今日はひらがなの「め」の書き方です

「め」は漢字の「女」からの変化形です






「め」の書き出しは中心より左側から書きだしてください

少し直線的に書くことが大人の字に見えます



書家渓雪 ひらがな一分講座「む」

福岡・天神で書家渓雪のギャラリーにて
書道教室を開いているアトリエ遊我です



福岡は雨の日が続き 今日はあられが降っていましたrain

やっと12月らしい寒さです


風邪をひかれないように気を付けてくださいねdanger




今日のひらがなは「む」

漢字の「武」から変化しています






書き始めは中心より左側から書いてください

最後は上に向かって書きましょう














<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。