HOME > 書家渓雪の日誌 > アーカイブ > 2016年10月

書家渓雪の日誌 2016年10月

書家渓雪のひらがな美文字レッスン「の」

福岡・天神で書家渓雪のギャラリーにて
書道教室を開いているアトリエ遊我です


今日のひらがなは「の」です


「の」は漢字の「乃」からの変化形です




大人のひらがなはスマートに書いてください






書家渓雪のひらがな美文字レッスン「ね」

福岡・天神で書家渓雪のギャラリーにて
書道教室を開いているアトリエ遊我です


今日のひらがなは「ね」の字です


「ね」の字は漢字の「祢」からの変化形です






大人のひらがなはスマートでシャープに書いてください






書家渓雪のひらがな美文字レッスン「ぬ」

福岡・天神で書家渓雪のギャラリーにて
書道教室を開いているアトリエ遊我です


今日はひらがなの「ぬ」の書き方です


「ぬ」は漢字の「奴」からの変化形です





真ん中からではなく
左半分の側から書き始めましょう



少し角ばって書くと大人のひらがなは
かっこよく見えますよscissors




書家渓雪のひらがな美文字レッスン「に」

福岡・天神で書家渓雪のギャラリーにて
書道教室を開いているアトリエ遊我です


今日のひらがなは「に」の書き方です


「に」は漢字の「仁」からの変化形です





方向・空間に気を付けて書いてください





書家渓雪のひらがな美文字レッスン「な」

福岡・天神で書家渓雪のギャラリーにて
書道教室を開いているアトリエ遊我です



ひらがなの「な」「奈」の字からできています


大人のひらがなはスマートな縦長に書きてください


曲がるときは丸く円を描くのではなく 

三角を作るように書いてください








書家渓雪のひらがな美文字レッスン「と」

福岡・天神で書家渓雪のギャラリーにて
書道教室を開いているアトリエ遊我です



今日はひらがなの「と」の書き方をお伝えします



大人のひらがなは子供時代に学習したひらがなとは違います

縦長のスマートに書いてください





ひらがなの「と」は漢字の「止」の変化形です




最後のお尻を上げて書くことがポイントです!

書家渓雪のひらがな美文字レッスン「て」

福岡・天神で書家渓雪のギャラリーにて
書道教室を開いているアトリエ遊我です



今日はひらがなの「て」の書き方をお伝えします


ひらがなの「て」は漢字の「天」からの変化形です





大人のひらがなは子供時代に学習したひらがなとは違います

縦長のスマートに書いてください

曲線の角度に注意しましょう!











美しい「語」の書き方

福岡・天神で書家渓雪のギャラリーにて
書道教室を開いているアトリエ遊我です




数えきれないくらいの漢字がありますが
今日はその中で「語」という字の美しい書き方をお教えします





言偏は5分の2の大きさで書きましょう







右側に揃えて書いてください









偏は右上がり

旁は水平なイメージな方向
で書いてみましょう





旁は偏よりも上げて書き終えてましょう


このチェックポイントを踏まえて 
一度書いてみてくださいね!







書家渓雪のワンポイントチェック!~偏と作りのバランス

福岡・天神で書家渓雪のギャラリーにて
書道教室を開いているアトリエ遊我です




今日は きれいな字を書くための
漢字の偏と作りに関するワンポイント
お教えします



たくさんの漢字がある中
偏の画数が多いか少ないか
見分けてください




例えば画数の少ない偏「さんずい」「にんべん」は

3分の1の大きさで書きましょう










そのほかに 画数が少ない偏として
「木偏」「行人偏」などがあります




今度は 「言偏」のように


画数が多くなる偏は 

5分の2を目安に書いてみましょう








そのほかにも画数が多い偏として 

「里偏」「食編」などがあります




字を書くときはイメージが大切ですよ!


新作の準備の為に

福岡・天神で書のギャラリーにて書道教室を開いている
アトリエ遊我です



10月の3連休も終わり皆さま
いかがお過ごしでしょうか


先日連休中に佐賀市大和町へ
肥前名尾和紙を買いにお出かけしてきました




ここは佐賀の無形文化財として
知られているところです



いろいろな和紙があって 
遠く県外からのお客様も多いところなんですよeye








たくさんの種類があって
楽しくなってしまいます



店内には 和紙を使った小物なども販売してます






たくさんの和紙の中から 
今度の作品用の和紙を選びました!







前回 名尾和紙を使った作品「龍」


金色の絵具で龍の絵を描いて 
その上から漢字の「龍」を書いてます



龍は手に玉を持つといわれてます

ですから 

円の中心に「龍」の字が円を
描くような終わり方を意識的にしてます




さて 今回はどんな素敵な作品が
出来上がるのでしょうか



お楽しみに~
notenotenote





12

« 2016年9月 | メインページ | アーカイブ | 2016年11月 »