HOME > 書家渓雪の日誌 > アーカイブ > 2017年9月

書家渓雪の日誌 2017年9月

ベルシー美術館で表彰式

福岡・天神で書家渓雪のギャラリーにて
書道教室を開いているアトリエ遊我です


フランス ベルシー美術館に「麒麟」の作品の複製を寄贈し、永久保存されることになりました


その表彰式が行われ、記念にその証明書とメダルを頂きました


その後 和太鼓や日本酒が振る舞われ 大賑わいですsign03







パリ ベルシー美術館でパフォーマンス

福岡・天神で書家渓雪のギャラリーにて
書道教室を開いているアトリエ遊我です



9月17日は「ヨーロッパ文化遺産の日」です

ベルシー美術館では色々な催し物が行われています






この美術館は 昔ワイン倉庫として使われていたそうです

今は美術館として特別な催し物がある時だけ開場されるそうです


9月17日は毎年約10,000人もの方々が来場されていると言われています


そんな中 会場で書道パフォーマンスをさせていただきました


フランスの国鳥は「雄鶏」です

日本で「金色で雄鶏」の画を書いてきました

その和紙に墨で字を重ねていきます

失敗は許されません!!

先生の緊張している様子が伝わってきますbearing
















たくさんのギャラリーに囲まれた中 皆さん興味深く見て頂いたようです

終わった後は拍手喝采goodgoodgoodgoodgood





その後 個人的にお好きな字をお書きしました

たくさんの希望者がいらしたのですが 時間の関係で数人にしかお書きできなかったことが残念ですweepweepweep














書いてもらおうと行列ができています





とても人気の書道パフォーマンスでしたsign03


「paris ヌーヴォージャポニスム芸術展」開催

福岡・天神で書家渓雪のギャラリーにて
書道教室を開いているアトリエ遊我です

 
9月13日から展覧会やパフォーマンスの為にいざパリへGOsign03airplane

到着した日は かなり肌寒くコートがほしいくらいでしたbearing




パリの中心街に近いギャラリーモナリザで

「paris ヌーヴォージャポニスム芸術展」が開催










作品はパネルにして展示されてます

ヨーロッパに影響を及ぼした浮世絵を初め 日本画、水墨画、書道など日本芸術に対する関心が高まっていると言われてます


約200点のパネルが展示されています





オープニングパーティーでは歌の披露もあり賑やかに始まりました





ギャラリーモナリザのオーナーは日本が大好きheart04

記念写真をパチリcamera

多くのフランスの方々に見てもらいたいなあ

いよいよフランス展覧会間近です

福岡・天神で書家渓雪のギャラリーにて
書道教室を開いているアトリエ遊我です


9月12日からフランスに出発します

パリで行なわれる「パリ ヌーヴォージャポニスム芸術展」に参加するためです






出品した作品は「麒麟」

神獣三部作の中の一点です



画家ではないので 絵を描き上げることがいつも大変ですsweat01




毎回 自分で自分の首を絞めてますcrying


出来上がった下絵はこんな感じです





これをイメージの紙の大きさに拡大してまた書き上げなければいけません


そして出来上がった作品がこれです!!!








この作品がパリのギャラリーモナリザで展示されます


さて フランスでの評価はいかがなものでしょうか?

ドキドキです





イギリスから帰ってきました!!

福岡・天神で書家渓雪のギャラリーにて
書道教室を開いているアトリエ遊我です


先日 やっとイギリスに出品した作品「鳳凰」が帰ってきました





やはり 大きい!!


でも 不思議と圧迫感はないんですよね~


これからは一時ギャラリーに展示しておきます





是非実物をご覧ください。


お待ちしてま~すheart04


1

« 2017年8月 | メインページ | アーカイブ | 2017年10月 »