HOME > 書家渓雪の日誌 > アーカイブ > 2018年6月

書家渓雪の日誌 2018年6月

パフォーマンスの準備

福岡・天神で書家渓雪のギャラリーにて
書道教室を開いているアトリエ遊我です


7月5日から開催されるパリのジャパンエキスポ


その時のパフォーマンスに使用する紙を制作中


その一部が出来上がりました

テーマは「神々」

中国の四神「青龍」を描きました


青龍は東の方位や水をつかさどる神獣といわれます





岩絵の具は滑りが悪くて
なかなかス―――っと線が引きにくく
特に金や銀はのびが悪く難しいのです


傍から見ると簡単そうに
みえるのですが
筆を使いこなしている書家だからこそ
綺麗に線が引けます



四神の中の「玄武」


玄武は亀に蛇が巻き付いているような神獣

北の方位と水をつかさどってます

かっこいい玄武のモデルを見つけることに
手間取りましたsweat01







「朱雀」は南の方位と火をつかさどる神獣




あと一枚描きあげて
四枚で一つの作品になります


パリまで残り時間は限らてます
睡眠時間かなり減ってますsleepy


先生 ファイトupupup


東京芸術劇場でインタビュー

福岡・天神で書家渓雪のギャラリーにて
書道教室を開いているアトリエ遊我です


6月21日から東京芸術劇場で3か国合同展が
開催されました






22日東京を訪れ展覧会へ 








今回は「麒麟」と「風神雷神図」を出品しました


展覧会の合間をぬって
イタリアからおみえになったアートプロデューサーのアニータさんとの
特別インタビューがありました








インタビュー内容は 

*作品「麒麟」について

*自分の作品を世の中でどのように活かしていきたいか

*これからの目標

*国際化が進む時代の中で芸術の役目とは  etc


和やかなインタビューの時間があっという間に終わり
記念写真をパチリ









左から 通訳の方、アニータさん、渓雪先生

今回インタビューされた内容は 一冊の本となり国内、海外の美術館に
配布される予定です


また発行されたときはお知らせしまーす

お楽しみに~heart04


ジャパンエキスポ ステージパフォーマンス

福岡・天神で書家渓雪のギャラリーにて
書道教室を開いているアトリエ遊我です


来月 フランスのパリで行なわれるジャパンエキスポ
そこに参加する予定です。



急きょステージパフォーマンスの依頼を受け慌ててますsweat01


さてさて 何を書こうかと考えた末


やはり 皆さんとは少々違うことをしたいなあ~(先生いわく)




その結果 


四枚の大きな紙に
四神の画を描いたうえに字を書く


構想図(まだ 字入れはできていませんが)





原画はこんな感じです

朱雀





白虎





玄武




青龍







これを拡大コピーして 
大きな紙に書かなければいけません


まだまだ準備中

時間が足りなくて仕事の
合間をみて 完成させなくてはいけませんsweat01


また 先生は睡眠不足の日が続きそうですsad








初めてのシルクスクリーン

福岡・天神で書家渓雪のギャラリーにて
書道教室を開いているアトリエ遊我です




フランスのパリでジャパンエキスポが
7月2日から4日間開催されます


そこに出店し
作品を展示販売します



あまり高額な商品は販売が難しいだろうと
想定して
お手頃価格で販売できる作品をつくろう‼



ということで
今回初めて シルクスクリーンに挑戦
いわばコピー作品です




ですが
渓雪先生の作品は金色や銀色を使います
同じ色でも 何回も重ね塗りして
濃淡をだして描いてます



これが中々 シルクスクリーンで表現すると
想定外のかなりの金額



ですから 考えましたsign03




一色刷りをお願いしてできた作品







この印刷に一枚一枚色を付けて完成させます

すると・・・・










中々グレードの高いシルクスクリーンに
なりましたupupup


完全なコピーではありませんが
真筆ではないので
お手頃な価格で販売可能です


ヨーロッパの方々には
どういう風にこの作品は
感じられるのでしょうかsign02


フランス ジャパンエキスポに向けて

福岡・天神で書家渓雪のギャラリーにて
書道教室を開いているアトリエ遊我です


来月フランス パリで開催される
ジャパンエキスポに参加しますsign03


去年は15万人の人でにぎわったそうです


今年はそれ以上になるだろうと言われていますsweat01


アトリエ遊我のブースで渓雪先生の作品を展示・販売
そして ワークショップとしてその場で字を書いて販売する予定です


何に書いて販売しようか
人と違うものでと考えたのは・・・・



以前マルタの大統領にプレゼントした千鳥うちわ



一枚一枚手書きで画を描くのは大変なので



そこで考えたのは・・・・


厚みのあるセロファンに画を描いて
切りえをつくる‼


これで大量生産が可能にheart02






何も書いていない千鳥うちわ





これに 切りえのセロファンを使って金色を塗る






そして赤でポイントを書き足して完成!!!







渓雪先生も何かと忙しいので
マネージャーの私もお手伝いさせてもらいましたが
岩絵の具ってすごく取り扱いが難しいsign03sweat02sweat02sweat02


特に金色は伸びないので 細い線が描けない!!!


結局 最後は先生の直しがないと
人前には出せない始末bearing



改めて 渓雪先生の筆の扱いのうまさを
感じた作業でした


日本ヨーロッパ北米3か国合同交流展

福岡・天神で書家渓雪のギャラリーにて
書道教室を開いているアトリエ遊我です


来週6月21日から24日まで
日本ヨーロッパ交流展2018」が
東京芸術劇場で行われます





その展覧会に渓雪も出品しています


今回出品する作品は

「麒麟」




「風神雷神図」





この二点が展示される予定です

今回この展覧会は 日本のアーティストばかりではなく
ベネチア、カナダのケベックのアーテイストが集まり
3か国合同交流展です


沢山の作品が出品されて見ごたえのある
展覧会となることでしょうnote


お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください


日本ヨーロッパ北米 3カ国合同交流展


会期:平成30年6月21日(木)〜6月24日(日)
   11:00〜18:00(最終日24日は15:00終了)


主催:一般社団法人日欧宮殿芸術協会

後援:イタリア大使館
   ケベック州政府在日事務所

運営:クリエイト・アイエムエス株式会社


会場:東京芸術劇場ギャラリー1(5F)

住所:東京都豊島区西池袋1-8-1  
   03−5391−2111

   JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線
   池袋駅西口徒歩2分
   駅地下通路2b出口と直結 


日欧宮殿芸術協会ホームページ http://jepaa.info/















「ふくおか経済」の取材

福岡・天神で書家渓雪のギャラリーにて
書道教室を開いているアトリエ遊我です


先日 「ふくおか経済」から取材を受けました




*書道をするきっかけ

*学生時代の話

*書道界の話

*今現在の活動

*作品つくりについて

*これからの目標


色々な質問が飛び出しましたが
話が弾み 60分の予定がのびのびに・・・・


最後に 苦手な写真撮影です




ふくおか経済の7月号か8月号に
掲載していただけるということでした


どういう感じに掲載されるか楽しみですheart04



プレゼントとして

福岡・天神で書家渓雪のギャラリーにて
書道教室を開いているアトリエ遊我です


先日 揮毫のご依頼を頂きました

お世話になった上司が独立されたお祝いに
プレゼントされるそうです


依頼された言葉は
「気高く生きる」


生きていく中で 
自分の好きなものやこだわりのものを選んで
その中で 気持よく生きていきたい


そんなお気持ちから
「気高く生きる」
これが座右の銘となったそうです



ご依頼の言葉を頂いていくつか書いてみました



















色々な書体があるでしょう!


この中から選んでいただき表装させていただきました


選んで頂いた

作品は




ご依頼を頂いた山本明花さんです


上司の方は喜んで頂けたでしょうか?


あなたのお好きな言葉や座右の銘を
作品にしてみませんか

いつも目にすることによって
人は無意識にそのように行動しているそうです


自分磨きの為にも
身近にあなたの言霊を
飾っていただきたいものです

ご相談お受けしております




1

« 2018年4月 | メインページ | アーカイブ | 2018年7月 »